最新情報はこちら! SAKAI不動産 ニューヨーク・ブログ

SAKAI FUDOSAN NEW YORK BLOG
【価値観の変化に如何に対応していくか】
Sat, May 11, 2024 6:06

【価値観の変化に如何に対応していくか】 個人的に社会や人間と余り接触しないなら、自分だけの価値観で生きれるが、現実の社会で若い人と上手に接していくにはどうするか?である。 価値観・哲学は幾分異なるが、今の25歳、45歳、75歳の方々と付き合う時にかなりの価値観の開きに驚かされる事が最近多くなってきた。 今週、日本からの約40歳頃の頭が良く、性格も良さそうな方がある著名な方の紹介で、NYに来る事になったので、一度会って、話をしてみてくれないか・・・と言われ、75歳前後の方とご一緒にある高級レストランを予約してお話しをした。 軽やかで、机上のお勉強は出来ている感じである。最近はこういう方が起業して・・・・と思いながら話しを聴いていた。 私は出来たら人生は子供さんがいなければ、離婚はしょうがないが、子供さんが居れば、出来たら大学か高校を終える位迄は離婚すべきでないという考えである。(これは50年前の価値観だろうが) 夫婦は人生は出来たら最後迄、供にすべしという「価値観」である。昔は男性が女性と初めて性行為をしたら責任を取るという時代もあったであろうし、お互いの合意の問題もあったであろう。 彼と話していていたら、結婚・離婚に関していとも簡単に話す。嫌になったら別れたら・・・・今は米国でも結婚して、子供がいても分かれる方は多い。良い悪いではなく、「価値観」差異なのであろう。30数年前までは皆週末は教会や寺院に行って、ある程度の束縛があった。今はその垣根がないので、結婚・離婚は軽く、浅いもので、まるで、同居か同棲の感覚である。 「責任」とは何か?と考えさせられるものがある。それを考えていたら、ここ数人・・・色んな形で私達の時代の価値観で考えていたら、裏切られたと感じる事が多くなってきた。 以前は性善説で人間を見て、お付き合いをしてきたが、幾つかそういう事があると、今は人間不信や、性悪説に近い。これは人によって異なるので一概には言えないが・・・。 最近はモラルの中での「価値観」の違いがかなり多い。ある会合で、かなり立派そうな方が、不倫はたまにはOKだよね・・・・??という言い方をしていたが、これを口外されてから急になんとなく嫌になって、トイレに行くふりをして帰宅した。 もっともビル・ゲイツも不倫して、離婚した位だから、そういう価値観の時代なのであろうが、なんとなく古い時代の価値観?で生きているものには過ごしにくい世の中になってきたなあーという感がある。